不動産(オフィス)用語集
印紙税(いんしぜい)
印紙税法上の課税文書を作成したときに課される国税。収入印紙を文書に貼付し、消印をして納税するのが一般的。課税文書の内容や記載金額によって税額が区分されている。建物賃貸借契約については消費税が導入された平成元年4月1日以後は非課税とされていますが、土地の賃貸借契約書には収入印紙を貼らなければなりません。