定期借家契約

定期借家契約とは、「貸主と借主が対等な立場で契約期間や家賃等を決め、合意の上で契約が行われる自由な賃貸借契約制度」です。契約の更新がなく、期間満了によって終了する賃貸(借家)契約のことをいいます。

例えば「3年」や「4年」の約束で契約をした場合、その期間が経過すると契約は終了することになります。終了したときは、借家人は、再契約の締結を要求する権利を有しません(貸主が書面による再契約を結ぶことは可能です)。

従来は建物が老朽化してきて立て替えたいと思っていても正当事由が認められないかぎり契約更新を家主の方からは拒むことはできませんでしたが、定期借家契約を結んでいれば新たに契約をしないかぎり貸主は正当な事由がなくとも賃貸借契約を終了して立て替えることができます。

立ち退き料なども必要ありません。

◆注意点

定期借家契約は普通の借家契約とは異なります。次の点に注意が必要です。
(1)必ず書面で「期間満了で賃貸借は更新なく終了する」といった条項を入れておきます。

(2)あらかじめ契約書とは別に定期借家であることを記載した書面を、借家人に交付して説明することが必要となります。

とくに書面を交付しないで定期借家契約を結んでも契約の効力は発生しません。可能なかぎり定期借家契約は、「公正証書」にしておくとよいでしょう。

なお、住宅用・オフィス・店舗、その他倉庫なども対象となります。

◆定期借家契約の期間設定

期間設定は自由に設定できます。1年未満の短期でもかまいません。

ただし特約がないかぎり賃料を随時改訂することはできませんので、長期の期間設定はあまりよくないでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.good-office.jp/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/516

コメントする

このブログ記事について

このページは、レンタルオフィスTOPが2011年12月13日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マンションの居室を目的以外で利用している人がいる」です。

次のブログ記事は「レンタルオフィスのフリーレント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。