事務所からの失火責任

自分の部屋や事務所から出火をして隣家に燃え移ってしまったときに失火責任が問われます。

失火責任法とは、明治32年に制定された1条だけからなる法律です。

正式には「民法709条の規定は失火の場合にはこれを適用せず但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」となっています。

これは「失火の場合失火者に重大な過失がなければ民法709条は適用されない」ということです。

※民法709条「故意又は過失によって他人の権利を侵害したものはこれにより生じた損害を賠償する」と定めています。

失火の場合はこの民法709条が該当しないため、自分の過失で隣家を燃やしたときでも重大な過失がなければ「賠償はしなくてもよい」ということです。

逆にお隣の出火で自分の家が燃えてしまっても補償はしてもらえないので自分で直すことになります。

※重大な過失とはちょっと注意すれば気づくようなことに気づかないことです。

  • 天ぷらを揚げている途中で台所を離れたために起きた。
  • 寝たばこが原因で起きた。
  • 暖房器具のすぐ近くに燃えやすいもの(シンナー類・スプレー缶等)が置いてあった。

※参考までに、判例として「石油ストーブに気がつかずガソリンを入れて火災が起こった」場合に重大な過失はないと判断された例もあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.good-office.jp/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/514

コメントする

このブログ記事について

このページは、レンタルオフィスTOPが2011年11月30日 12:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レンタルオフィスの賃貸借契約の期間満了に伴う契約更新」です。

次のブログ記事は「マンションの居室を目的以外で利用している人がいる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。