レンタルオフィスの動向

最近の大阪のレンタルオフィスの動向ですが、元々満室に近いレンタルオフィスは内部テナントの増床による追加契約で、空室率はさほど悪化しておりません。

逆に、入居率8~9割のレンタルオフィスは、苦戦している模様。

景気悪化に伴う縮小移転がうまく進まず、撤退、支店、営業所の廃業等が追い打ちをかけています。

思い切った賃貸条件を提示したり、解約予定のテナントを今までの賃料の半額以下に大幅値下げして、解約を踏み留めたりしているビルオーナー様はそれなりに満室に保っています。

レンタルオフィス大阪貸オフィスの山口ホーム

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.good-office.jp/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、レンタルオフィスTOPが2009年10月21日 16:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーナーも大変なようです」です。

次のブログ記事は「不況が続きますね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。